合格者&受講生レビュー

「LINE@必勝倶楽部」に友だち追加いただいた方には、試験直前情報やお得なクーポンをお届けしています。お気軽にどうぞ! 友だち追加数

合格者&受講生レビュー
必勝倶楽部の受講生は、おかげさまで累計7,000人を超えました。
これまでに合格者や受講生から、たくさんの体験記が寄せられています。

田村一夫の面接講座シリーズ

「面接対策と言っても、何すれば良いの?と思っている人にぴったりの講座」

S・Hさん(男性) ★東京都、政令市合格

受験生時代、民間企業に勤務しており、一般の予備校に通う時間がなく、また面接の対策は他の科目と違い、一人では取り組みにくいものでした。そのとき必勝倶楽部の田村講師の講座を見つけたのです。

面接シートの質問に自分の経験や考えを記入し、田村先生にチェックしてもらいました。第3者の目で、しかも面接のプロにチェックしてもらえた点や、スピーディな返答をだける点、思考力を引き出してくれる点、取り組みやすい点などがよかったです。 続きを読む→

「こうだろう」という予測の面接対策ではなく、実際に最終面接官をされていた方だからこそできる、「こうだ!」という面接策であることが魅力でした。
また、こちらが提出した面接シートにたいして3日も経たないうちに返信をいただけるので、思考して提出したシートへの考えがフレッシュなまま思考し直すことができました。田村講師は答えをそのまま教えてくれるのではなく、思考のヒントを与えてくれるように思いました。志望動機や自己PRなど、徹底的に自分で考えられるように道筋をつくっていただけたのが、よかったです。

面接対策でなにから始めればよいかわからない方が多いと思いますし、私もそうでした。この講座は面接シートの記入→添削を繰り返すことで効率よく対策ができるようになっているので、田村先生の指示通りに取り組めばよい、という点がシンプルで取り組みやすいと感じました。

私がこの講座を受講したのは、近年の公務員試験では、面接を非常に重視しているためです。私が受験した市役所では、面接の配点が筆記試験の2倍でした。今の公務員試験は「筆記試験の合格=最終合格」ではありません。筆記試験の結果がギリギリでも面接で挽回することも可能ですし、逆に筆記試験の結果が良くても、面接で落ちてしまうことが多々あります。面接の方が配点が高いのに、筆記試験の勉強ばかりして、「面接の勉強」を怠る人が多いことを疑問に思います。

その点、田村先生の面接講座は非常に取り組みやすく、面接対策と言っても、何すれば良いの?と思っている人にぴったりの講座です。志望動機や自己PRの完成を核とし、自分で思考できるように田村講師が導いてくれます。週に一つのペースなので、筆記試験の勉強と並行して取り組むことができます。早めから少しでも対策をしていくことは、面接対策はもちろん、筆記試験の息抜きや、なぜ公務員になりたいかというモチベーションの維持として、活きてきます。

最後に、公務員になぜなりたいか?ということを明確にして頑張ってください。公務員になることがゴールなのではなく、公務員になってこうしたい!とか、こんな風に世の中を変えたい!くらいの気持ちがあっても良いと思います。それが明確になれば、筆記試験の勉強にも面接対策にも、いっそう力が入るはずです!

「個人の特性を見抜いて指導してくれる」

T・Yさん(女性)★裁判所職員、特別区合格

受験1年目は勉強を開始するのが遅くなってしまい、直前期まで筆記試験で手一杯でした。なんとか1次は通ったものの、合格発表のあとから面接対策を慌ててやったため全く間に合わず、面接試験は全て不合格となってしまいました。そのため2年目は面接対策を重視して早めにやっておこうと思って講座を探していたところ、たまたま検索で田村先生の講座を見つけて、実際に面接官をされていた方だということもあって受講することにしました。

筆記試験の対策と平行して、ワークシートを1〜2週間に1つくらいのペースで提出していきました。一見面接と関係が薄いような項目もあるのですが、後になって振り返ってみると、自己PRや志望動機と密接に関係していたりすることばかりでした。 続きを読む→

また、疑問に思ったことについては、遠慮せずにすぐに質問するようにしてできるだけ早く解決するように心がけていました。

一番良かったのは、ワークシートに対する私の回答に対して、ダメなところはダメとハッキリ指摘して頂けた点です。また、ダメな点については、どのように変えればよいか、その方向性を示してもらえたので、それに沿って考えることで、小さなことでもより深く考えることができるようになり、自己PRや志望動機を深く多面的に考えることができるようになったと思います。また、質問に回数制限なく答えてもらえるので、少しでも疑問に思ったことや聞きたいことを気軽にメールで聞くことができたことも、独学している中で情報が少ない私にとっては非常に頼りになりました。

田村先生の12段階ワークシート講座を受けてみて思ったのは、面接対策にはとにかく時間がかかる、ということです。また一方で、しっかり丁寧に時間をかければ私のような特に何の特徴のない人間でもちゃんと自己PRや志望動機を固めることができる、ということです。ワークシートの添削に書かれてあった田村先生からのコメントや指摘、メッセージは時には厳しいですが、ちゃんと個人の特性を見抜いて指導してくれるんだ、と感じることができるものなので、安心しして受講することができます。

「面接対策に早く取りかかって損は一つもない」

T・Sさん(女性)★国立大学法人、政令市合格

私は大学3年のときから、大学近くの公務員試験予備校に通っていたのですが、ゼミの先輩から「筆記試験よりも面接対策が大事」と言われていたので面接対策が気になっていました。通っていた予備校では、早い時期からの面接対策があまりなかったので、YouTubeで知った必勝倶楽部の田村先生の面接対策を受けることにしました。

講座テキストを読んだらすぐにワークシートにとりかかるようにしていました。講座テキストには、ワークシートそれぞれについて書き方や注意点などが書いてあったので、それを読んでからワークシートの項目を1つずつ埋めて行きました。 続きを読む→

1月は大学の後期試験でほとんどワークシートには手をつけられませんでしたが、2、3回気になったことを質問したりして、面接対策から離れないようにするようにしていました。最終的には試験直前までかかりましたがなんとか全てのワークシートをこなすことができました。

この講座を受けてみて最も良かったのは、心の余裕ができたことだと思います。通っていた予備校やゼミの友達など、公務員試験を受けている人は何人かいたのですが、1次試験まで面接対策にはほとんど手をつけていない人が多かったので、この講座で早めに面接対策をやっていた私は、筆記試験の対策も結果として焦らずに取り組むことができました。

面接対策に早く取りかかって損することは一つもありません。いま振り返ると、この田村先生の講座に出会わなかったら、と思うとゾッとします。きっと慌てて面接対策をやってしまったと思います。第一希望から内定をとることができたのはこの講座のおかげだと思っています。

「面接対策だけでなく、自分が目指す公務員像を明確にできた」

D・Hさん(男性) ★国家一般職、福岡県庁合格

早い段階から面接対策をしたいと思っていたところ、田村先生のブログを見て「12段階ワークシート講座」を知りました。以前、自治体の人事担当の責任者として採用面接に携わっていらっしゃった方から、志望動機や自己PRの骨格作りを個別添削して頂ける、という点に惹かれたため受講を決めました。

予備校や各種就職活動セミナーと比べて、田村先生の講座であれば、面接官の本音を聞きながら、また、本番に近い指摘を受けながら、面接対策ができます。 続きを読む→

また、田村先生の、受講生1人1人に対して、丁寧に指導して下さる点に信頼感を持つことができました。田村先生の「12段階ワークシート講座」は、必勝倶楽部でしか利用できない、最高の面接対策だと感じたため、受講しました。

2週間~3週間に1回程度、ワークシートに取り組みました。しかし、筆記試験との両立がうまくできず、1カ月近くワークシートを提出できない時期がありました。その時は、ワークシートの項目だけには目を通しておいて、時間がある時にまとめて提出する等、とにかくワークシートを完成させることを目標に取り組みました。

筆記試験中の早い段階から、志望動機と自己PRの骨格作りをすることで、面接対策にスムーズに映ることができました。年内から面接対策を意識することで、人事院主催の業務説明会や県庁の説明会に対して、目的意識を持って参加することができました。また、田村先生からOB訪問を勧めていただいたおかげで、ホームページやパンフレットでは知り得ない、職員の方の現場の声を聞くことができ、自分自身が公務員として働くということを具体的にイメージすることができたのです。

田村先生の指導のおかげで、官庁訪問や採用面接では、非常に良い雰囲気で面接を進めることができました。12段階ワークシートを通して、面接対策だけでなく、自分が目指す公務員像を明確にすることができたのだと思います。試験対策にとどまらず、公務員として働く上での心構えを教えていただけたという点においても、本当にこの講座を受講して良かったと思います。

「実際に最終面接官をされていた方だからこそできる面接指導」

H・Sさん(男性)★東京都庁、市役所合格

私は社会人として働きながら、公務員試験にチャレンジしました。そのため予備校に授業を受けに行くのは時間的余裕がありませんでしたし、面接の対策は他の科目と違い、一人では取り組みにくいものでした。そのとき必勝倶楽部の田村講師の講座を見つけ、受講を決めました。 続きを読む→

下記の点で非常に良かったです。
1 第3者の目で、しかも面接のプロにチェックしてもらえた点
2 スピーディな返答をだける点
3 思考力を引き出してくれる点
4 取り組みやすい点

1については、「こうだろう」という予測の面接対策ではなく、実際に最終面接官をされていた方だからこそできる、「こうだ!」という面接対策であることが魅力でした。
2については、こちらが提出したワークシートにたいして3日も経たないうちに返信をいただけるので、思考して提出したシートへの考えがフレッシュなまま思考し直すことができました。
3については、田村講師は答えをそのまま教えてくれるのではなく、思考のヒントを与えてくれるように思いました。志望動機や自己PRなど、徹底的に自分で考えられるように道筋をつくっていただけたのが、よかったです。
4については、面接対策でなにから始めればよいかわからない方が多いと思いますし、私もそうでした。効率よく対策ができるようになっているので、シンプルで取り組みやすいと感じました。

「筆記は全勝、面接で全敗は、決して他人事ではありません」

A・K さん(男性)★政令市★国家一般職★国税専門官合格

私が田村先生の講座を受講した理由は、「面接の不安を払拭し自信を持つ」ためです。大学入試を含め面接の試験が1度もなく、民間企業も数社しかエントリーしていなかったため、面接経験が皆無に等しいと同時に、自己分析も十分ではない状況でした。しかし、現在の公務員試験は、以前の筆記偏重の傾向が終わりを迎え、特に、地方公務員の試験では「人物重視」が顕著となっていることは事実であり、民間の就職活動と同様の対策が求められます。 続きを読む→

そこで、自己分析から面接カード対策、面接試験対策までを網羅しているこの講座に決めました。

田村先生は、採用試験の面接官を務めていたこともあり、実際の現場を踏まえた講義を聞くことで、面接の具体的なイメージがつかみやすいと思います。講義にリアル感があるということです。テキストに各種データが豊富に記載されているのもすばらしい点です。各試験種の面接には傾向があるので、質問内容や試験形式を知ることは、面接対策において必須だと思います。また、Facebookのスペシャルメンバーシップにおいて、情報を共有できるのもよかったです。個人で行う面接対策には限界があるので、同じ大志を抱く仲間が身近にいることはとても心強いです。

人物重視の昨今、「公務員試験は面接試験」といっても過言ではないと思います。「筆記は全勝したが面接で全敗した」という事態は、決して他人事ではありません。面接は、①過去を振り返り、②現在を見つめ、③将来の人生を決断し得られた、「自分との対話の成果」を、「相手と明るく楽しく会話」することです。択一試験の合格は、面接試験のスタートラインに立つことに過ぎません。最終合格というゴールに向かって全力で駆け抜け、また、択一対策に費やした膨大な時間と努力を実りあるものとするために、万全の面接対策をすることをオススメします。

「面接官をされた先生の指導で、自信をつけることができました」

T・Kさん(女性)★政令市合格

私は勉強に苦手意識があったため、面接対策は後回しにしており、本格的に始めたのは一次試験の合格発表後でした。面接本番までは1ヶ月しかなく、いざ始めてみると、自分が面接を甘く見ていたことがわかりました。もっと早くから始めておけば・・・と何度も思いましたし、この時期が一番苦しかったです。自分自身の負担を減らすためにも、早くから面接対策をしておくべきでした。 続きを読む→

でも幸いなことに、田村先生という、実際に面接官をされたことのある先生に指導していただくことで、自分に自信をつけることができました。

「毎回すぐに適切なアドバイスが受けられて本当に心強かった」

K・Yさん(男性)★政令市、防衛省専門職員合格

田村先生は実際に市役所の採用担当をされていたので、受講すれば採用側の意図するところがわかるのではないかと思い受講しました。また、面接カードの添削やフェイスブックの「スペシャルメンバーシップ」の中で相談もできるので受講を決めました。

実際の対策においては、街歩きや自分史を書いてみるなど、この講座で学んだことを一つ一つ実践していきました。 続きを読む→

講座のテキストを参考に、志望動機や自己PRを書き、フェイスブックのメンバーからアドバイスをもらったり、先生からの添削を受けました。面接については大学の就職課で模擬面接を何度かしてもらい、この講座で学んだことを実際に生かせるよう心がけました。

特に良かったのは、田村先生から親身な添削やアドバイスをいただける点です。私はほぼ独学だったので、毎回すぐに適切なアドバイスが受けられて本当に心強かったです。また、採用側の目線になっているので、無駄なく効率よく面接の準備に取り掛かることができました。まさに本当に使える面接対策となりました。

「自分の頭でとことん考え言葉にする練習をした」

M・Yさん(女性)★横浜市、特別区合格

私は大学3年生の夏休みには自己分析を始め、面接対策も時間的には余裕を持って進めていましたが、民間企業や国立大学法人の面接に全て落ちてしまい焦りを感じていました。そこで田村先生の「本当に使える面接対策講座」のテキストを読み、それまでは「市販の参考書の模範解答に合わせて志望動機や自己PRを作り、覚えたことを暗唱していただけだったこと」「自分の言葉になっていないために自信のない様子になっていたこと」に気づきました。 続きを読む→

田村先生の指導で、自分がなぜその自治体を志望しているのか、自分の経験はどう役に立つのかなどを自分の頭でとことん考え言葉にする練習をしたことで、自然と自信を持って面接官に「話す」ことができるようになったと思います。

「スキマ面接対策のお話を聞き、勉強の合間を使って自分史作り」

Y・Sさん(男性)★東京都Ⅰ類B合格

田村先生の「スキマ面接対策」のお話を聞き、勉強の合間を使って自分史作りをしました。自分が今までどういったことをしてきたのか、時系列順に箇条書きで書き出しておいただけですが、これが一次試験後の面接対策でとても役に立ちました。その理由は、(1)自分の内面に関することなので今からでも始められる、(2)エピソードを出来るだけ多くあげておくと、後に面接対策をする際に使える材料が増える、からです。 続きを読む→

一次試験後は併願先の試験があったりして、意外と時間が足りません。なので、今のうちに自分がこれまで何をしてきて、どういう人間なのかを簡単にイメージしておくと負担が減っていいと思います。私も、志望理由などはなかなかまとまらず、とても悩みましたが、自己PRに関しては準備しておいたおかげで、面接練習に多くの時間を費やすことが出来ました。受験生のみなさんも田村先生の講座でぜひ合格を勝ち取って下さい!

「実際の面接官が何を見ているかなど貴重な話を聞くことができる」

M・Sさん(男性)★東京都Ⅰ類B合格

私は大学を卒業後、そのままフリーターという状況でしたが、無事に最終合格できました。面接対策を本格化させたのは一次試験が終わってからですが、面接のネタ作りは試験前年から取組み、志望動機も漠然と考えてはいました。具体的には、試験前年の夏に、外国人と共同生活を送りながらのボランティアを経験しました。また、観光に興味があったので、外国人観光客に東京に関するアンケートなども行っていました。 続きを読む→

そのように様々な経験をしたものの、面接に苦手意識がありましたので、面接のいろはを学ぶため田村先生の講座を受講しました。田村先生の強みは「現場を知っている」ことなので、実際の面接官が何を見ているかなど貴重な話を聞くことができました。実践練習を繰り返し行い、先生からの鋭い指摘やアドバイスを受けることで、徐々に面接への苦手意識がなくなっていきました。面接はその場しのぎで出来るものではありませんが、しっかりと対策すれば結果は付いてくると思います。

「自分で考え、自分の言葉でしゃべり、伝える」

T・Iさん(男性)★国家総合(土木)、東京都Ⅰ類B合格

私は民間就活も視野にいれており、公務員試験より前に自己PRをまとめました。その自己PRを元に、公務員の筆記試験勉強と並行しながら何度も自分のアピールポイントを考えることで、最終的に満足いくものができたと思います。官庁訪問でも感じたことですが、公務員試験は面接重視です。そのため、学生時代にサークルや旅行等様々な経験をしておくべきだと強く感じました。 続きを読む→

田村ゼミでは礼儀作法にはじまり、自分で考え、自分の言葉でしゃべり、伝えることなど、たくさんのことを学びました。田村先生の指導があったからこそ、大きな自身を持って面接に臨むことができ、内定を得られたのだと思います。

「田村先生が生徒一人一人に真摯に向き合って下さった」

S・Gさん(男性)★東京都ⅠB、神奈川県庁合格

田村先生の生徒自身に考えさせる指導スタイルにより自分の頭で考えながら面接対策を進めたため、本命の試験以外でも応用が利き併願先で早期合格を勝ち取ることが出来、本命の試験に精神的余裕を持ち臨むことが出来ました。

そして何よりも田村先生の面接指導で心強かったのは、田村先生が生徒一人一人に真摯に向き合って下さったことです。 続きを読む→

メールでの相談にも気軽に乗ってくださったり、一人ひとりの面接シートから予想される想定質問を作ってくださったりと、個人個人に合った的確なアドバイスを頂きました。田村先生のご指導があったからこそ、自ら考える力が付き面接の場で自分の言葉で語ることが出来ました。本当にお世話になりました!

「自分が公務員として何をしたいのか?何ができるのか?」

S・Sさん(男性)★特別区合格

受講して良かったと感じている点は、自信が持てる面接カードと自己PRを完成させられたことです。面接カードと自己PRに関しては、面接直前まで何度も先生に添削して頂きました。その中で、全くオッケーをもらえず頭が痛くなるくらい徹底的に考えさせられたのを覚えています(笑)。しかし、ここでしっかり考えたことで、「自分が公務員として何をしたいのか?何ができるのか?」が明確になり、それが合格に繋がったと確信しています。 続きを読む→


面接の時に考えた初心を忘れず、これからが本当の勝負だと思って来年から仕事に励みたいと思います。

「現職員のOGさんにも貴重なお話を伺うことができた」

M・Sさん(女性)★都庁I類B合格

田村先生の都庁ゼミは、面接対策をどうしようかと考えていた時にちょうど先生方のブログで宣伝をしており、そこで知りました。過去の受験生の感想を読んでいたら「都庁ゼミはとても役に立った」との意見がたくさんあったため受講してみようと思いました。

ゼミでは、都庁面接に向けて一所懸命な仲間とも触れ合うことが出来、様々な考え方や政策をみんなで共有しあえて大変満足しています。 続きを読む→

面接シートの添削から面接練習まで、そして現職員のOGさんにも貴重なお話を伺うことができ大変充実したゼミでした。ありがとうございました。

「表面的ではなくより深い部分まで対策をすることができました」

Y・Tさん(男性)★都庁I類B合格

私は独学で公務員試験に臨んでいたのですが、やはり面接に関してはしっかりとした指導を受けるべきだと思いました。そして公務員必勝倶楽部のホームページでこの都庁ゼミを知り、迷わずに応募させていただきました。

面接を終えた今、やはりこのゼミを受講しておいて良かったと心の底から思います。早いうちからゼミを通じて面接対策をしていたので、直前に慌てることもなく、 続きを読む→

表面的でなくより深い部分まで対策をすることができました。また実際に面接官をされていた田村先生の目線から、アドバイスや指導を受けたことで、より本番に活かせる面接のスタイルを身に付けることができたと思います。都庁を受ける方には、ぜひともこのゼミを活用することを薦めます。

「高齢のため最後のチャレンジ、より精度の高い面接講座を」

H・Mさん(男性)★都庁I類B合格

私は、仕事をしながら予備校にも通っておりましたが、予備校の模擬面接講座は予約も取りづらく、十分な対策が困難でした。そして私が高齢のため、今年が最後のチャレンジであったので、より精度の高い面接講座を受ける必要があると考え、都庁ゼミに申し込みました。

田村先生の指導はとても親身であり、ゼミ生の良いところは伸ばしつつ、悪いところについては徹底的に改善するようアドバイスをしていただきました。 続きを読む→

また、ゼミ生同士の面接シートの添削会は自分自身では気付けなかった点を見つけることができ大変ためになりました。

「論文の添削が1文1文凄く丁寧」

N・Hさん(男性)★特別区経験者採用合格

一昨年同じ経験者採用試験を受験しましが、最終面接で不合格となってしまいました。その理由を今一度考えるために田村先生の講座を受講しました。どこの予備校も面接講座はやっていますが、正直(合格に必要な)基準がわかりませんでした。その点、地方自治体で採用決定を経験してきた田村講師の講義なら不安なく面接対策が出来ると思います。 続きを読む→

論文は試験直前期だったため、予想していたテーマを添削して頂きました。面接はエントリーシート提出後だったので、ESを見てどのような質問をするのかを、田村講師に予想していただきました。また、自己PRは直前まで添削して頂きました。

論文の添削が1文1文凄く丁寧で、評価ポイントもはっきり書いてあったので助かりました。特に経験論文は個人個人の経歴が違うため、どのような論文を書けば高評価になるのか、塾で添削を受けてもわかりませんでした。それが田村講師の添削を受けたことで、どのように書けばいいか明確になった点がよかったです。

←トップページにもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop