時事オリジナル完全予想問題集2021

時事予想問題集の決定版

本試験でズバリ的中続出!

『時事オリジナル完全予想問題集』は、画期的なデータ解析システムを駆使することで、未知の出題を毎年的確に予想しています。他の科目と異なり、過去問が使えないため対策が難しい時事を、この問題集で完璧にマスターしてください。

発売日以降(2021年3月以降)の最新時事については、ご購入いただいた方全員に、各試験の実施月までの「最新重要問題」を追加して継続的にご提供していきます。

※東京都、特別区、国家一般職、道府県庁・政令市等の地方上級、国家総合職、国税専門官、財務専門官、労働基準監督官、裁判所職員、市役所、国立大学法人、警視庁、消防庁、経験者採用、氷河期採用などに対応

購入ボタンへジャンプ

<本試験での的中例>

【2020年度本試験的中例】
(特別区、都庁B、都庁A、国税専門官、国家一般、特別区経験者試験、都庁氷河期採用試験実施分のみ)

※本試験と予想問題集の選択肢を抜粋して掲載しています。


【特別区本試験】

[No.37]日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 韓国は昨年11月、いつでもGSOMIAを終了させることができるという前提で、日本とのGSOMIAを破棄する通告の効力を停止した。(◯)

【予想問題集】

  1. 昨年8月、日本が輸出手続きで優遇対象とする「ホワイト国」から韓国を除外する決定を行った後、韓国は日本との秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)を自動延長しないことを決定し、同協定は11月に終了した。
     ☓ 11月に「終了していない」。11月に韓国は、日本との秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)の延長を決定した。

【特別区本試験】

[No.39]昨年6月に大阪で開催された主要20か国・地域首脳会談(G20サミット)の首脳宣言に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 海洋プラスチックごみについては、「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」を共有し、2050年までに追加的な汚染をゼロにすることをめざすとした。(◯)

【予想問題集】

[No. 1]昨年6月に開催されたG20大阪サミットの首脳宣言に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 海洋プラスチックごみによる追加的な汚染を、2025年までにゼロにすることを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」の共有を呼びかけるとした。
     ☓ 「2050年」までに、である。

【特別区本試験】

  1. 女性の雇用の質の改善や男女の賃金格差の減少はできないが、女性に対するあらゆる形態の差別を終わらせるために更なる行動を取るとした。(✕)

【予想問題集】

  1. 女性の雇用の質を改善し、男女の賃金格差を減少させ、女性に対するあらゆる形態の差別を終わらせるための行動をとることが明記された。
     ◯ そのとおり。

【特別区本試験】

  1. 貿易と投資については、「自由、公正、無差別で透明性があり予測可能な安定した貿易及び投資環境の実現に向けて、保護主義と闘う」と明記した。(✕)

【予想問題集】

  1. 開かれた市場を維持するとともに、全ての不公正な貿易慣行を含む保護主義と引き続き闘うと明記された。
     ☓ 米国のトランプ大統領の反対などで、「保護主義と闘う」という趣旨の文言は「明記されなかった」。

【特別区本試験】

  1. 地球温暖化対策については、国際的枠組みである「パリ協定」をめぐって中国とそれ以外の国・地域との溝が埋まらず、両者の立場を併記した。(✕)

【予想問題集】

  1. 地球温暖化対策の枠組である「パリ協定」が、自国の労働者及び納税者を不利にするとの理由で、同協定から離脱するとした米国の決定に反対した。
     ☓ 同協定から米国が脱退するとの決定を「再確認する」とされており、反対はしていない。

【特別区本試験】

  1. 世界経済の成長は、足元で安定化の兆しを示しているが、2019年後半から2020年に向けては、緩やかに下向く見通しであるとした。(✕)

【予想問題集】

  1. 世界経済の成長は足元で不安定であるが、成長は高水準であり続けており、貿易と地政を巡る緊張は緩和してきたとした。
     ☓ 世界経済の成長は足元で「安定化の兆し」を示しているが、成長は「低位」であり続けており、貿易と地政を巡る緊張は「増大」してきたとした。

【特別区本試験】

  1. 税率を据え置く軽減税率制度は、外食と酒類を除く飲食料品等に導入されたが、週2回以上発行される定期購読の新聞には電子版を除いて適用されない。(✕)

【予想問題集】

  1. 今回の消費税率の引き上げに伴い、軽減税率制度が導入され、酒類・外食を除く飲食料品が対象となったが、定期購読される新聞は、対象から除外された。
     ☓ 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞は、軽減税率の「対象となる」。

【特別区本試験】

  1. ポイント還元制度は、中小店舗でキャッシュレス決済により買物をした場合にポイント還元が受けられるものであり、その実施期間は限定されていない。 (✕)

【予想問題集】

  1. 昨年10月の消費税率引上げへの対応として実施しているキャッシュレス・ポイント還元やマイナンバーカードを活用した消費活性化策(マイナポイントの付与)を2020年6月末まで着実に実施するとした。
     ☓ マイナンバーカードを活用した消費活性化策(マイナポイントの付与)は、2020年9月から2021年3月末までの期間実施される予定である。

【特別区本試験】

  1. 消費税率の引上げによる増収分は、社会保障の充実と安定のために使われるが、増収分の使い道に幼児教育・保育の無償化は含まれない。(✕)

【予想問題集】

  1. 消費税としての収入は、消費税法などによってその使途が、年金、医療及び介護の社会保障給付や少子化に対処するための施策に要する経費などに限定されている。
     ◯ そのとおり。

【特別区本試験】

  1. 受賞者は、吉野彰氏とスタンリー・ウィッティンガム氏の2人で、ウィッティンガム氏はノーベル賞史上最高齢での受賞となった。(✕)

【予想問題集】

  1. リチウムイオン電池を開発したことでノーベル化学賞を受賞した米国・テキサス大学のジョン・グッドイナフ氏は、100年を超えるノーベル賞史上最高齢での受賞者となった。
     ◯ そのとおり。受賞時の年齢は97歳。

【特別区本試験】

  1. 授賞理由はリチウムイオン電池の開発であり、スマートフォンや電気自動車の普及を可能にし、化石燃料に頼らない社会の基盤を築いたことが評価された。 (◯)

【予想問題集】

  1. 2019年のノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏らが開発したリチウムイオン電池は、スマートフォンやノートパソコンへの利用は進んでいるが、自動車への利用はほとんどない。
     ☓ すでにハイブリッド車や電気自動車に積極的に利用されている。

【都庁B本試験】

  1. 昨年12月、フィンランド議会は、辞意を表明したリンネ首相の後任に、第一党の「社会民主党」のマリン教育相を選出し、就任時には世界で3番目に若く、フィンランドで初めての女性首相が誕生した。(✕)

【予想問題集】

  1. 昨年12月、フィンランド議会は、フィンランド史上初めての女性首相として、社会民主党のサンナ・マリン運輸・通信相を選出し、現職としては世界最年少の首相が誕生した。
     ☓ フィンランドでは「3人目」の女性首相である。

【都庁B本試験】

[No.40]昨年12月に閣議決定された「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 災害対策については、台風や記録的豪雨の被災地の復旧・復興を中心とした水害対策を最優先に進めるとし、緊急輸送道路の無電柱化に向けた取組は盛り込まれなかった。(✕)

【予想問題集】

[No.59]昨年12月に政府が閣議決定した「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 災害時における人流・物流の確保のための道路ネットワークの機能強化を進めるとしたが、市街地の緊急輸送道路等のうち災害拠点へのアクセスルートを無電柱化することについては、予算面の問題から明記されなかった。 
     ☓ 「無電柱化を推進する」とした。

【都庁B本試験】

[No.36]昨年6月に観光庁が発表した「令和元年版観光白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 2018年の出国日本人数は、過去最高であった2012年には及ばなかったが、4年ぶりに訪日外国人旅行者数を上回ったとしている。(✕)

【予想問題集】

[No.32]昨年6月に観光庁が発表した「観光白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 日本人の海外旅行者数は、前年よりも増加して、2千万人を超え、過去最高となった。
     ☓ 「1,895万人」で「過去最高」となった。

【都庁B本試験】

  1. 昨年7月に行われたギリシャ議会の総選挙では、減税や民営化による雇用の創出などを掲げる与党の「急進左派連合」が過半数の議席を獲得し、チプラス首相が再選を果たした。(✕)

【予想問題集】

  1. 昨年7月に行われたギリシャの総選挙では、ミツォタキス氏が率いる野党の「急進左派連合」が単独過半数を確保して、ツィプラス首相が率いる「新民主主義党」を破り、4年ぶりに政権交代を果たした。
     ☓ ミツォタキス氏が率いる野党の「新民主主義党」が単独過半数を確保して、ツィプラス首相が率いる「急進左派連合」を破った。

【都庁A本試験】

[No.36]昨年7月に経済産業省が発表した「通商白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 日本企業の海外展開先としてはアジアが圧倒的なシェアを占めているが、小売・サービス業のシェアが小さく、今後まだ拡大余地があると考えられるとした。(◯)

【予想問題集】

[No.70]昨年7月に経済産業省が発表した「通商白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 日本企業の海外展開先としてはアジアが圧倒的なシェアを占めているが、小売・サービス業のシェアが小さく、今後まだ拡大余地があると考えられるとしている。
     ◯ そのとおり。

【都庁A本試験】

[No.37]昨年12月に開催された国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 当初、チリの首都サンティアゴで開催される予定であったが、チリ国内の反政府デモの激化により、英国のグラスコーに場所を変更して開催された。(✕)

【予想問題集】

  1. 2019年のCOP25は、当初中国の北京で開催される予定となっていたが、中国で発生した新型コロナウィルス感染症の問題が広がったことを受けて、スペインのマドリードに変更されることとなった。
     ☓ 当初「チリのサンティアゴ」で開催される予定となっていたが、「チリの政情不安を受けて」、スペインのマドリードに変更されることとなった。

【都庁A本試験】

  1. 既に「パリ協定」からの正式な離脱をした米国は、前回に引き続き、今回のCOPへの参加を見送った。(✕)

【予想問題集】

  1. 2020年に大統領選挙を控えた米国は、それまで離脱することを表明していた、地球温暖化防止のための国際枠組であるパリ協定への復帰を正式に表明した。
     ☓ 米国は、COP25の開催に先立って、パリ協定からの「離脱」を正式に国連に通告している。

【都庁A本試験】

  1. 気候変動の影響を強く受ける島しょ国などの要望により、各国に温室効果ガス削減目標の引上げを義務付ける合意文書が採択された。(✕)

【予想問題集】

  1. 温室効果ガス削減の必要性について議論し、各国の温室効果ガス削減目標の引き上げを義務づけることに合意した。
     ☓ 各国の温室効果ガス削減目標の引き上げを義務づけることには「合意できなかった」。

【都庁A本試験】

[No.40]昨年8月に開催されたG7ビアリッツ・サミットの首脳宣言に関する記述の組合せとして、妥当なのはどれか。

  1. イランについて、核兵器を保有しないことを確保し、地域の平和と安定を促進する、という目的を共有するとした。(◯)

【予想問題集】

  1. 首脳宣言では、北朝鮮が決して核兵器を保有しないことを確保し、地域における平和と安定を促進する、という二つの目的を完全に共有するとした。
     ☓ 「イラン」である。なお、首脳宣言には、北朝鮮に関する記述はない。

【都庁A本試験】

  1. 香港について、1984年に発せられた中国と英国の共同宣言の重要性を再確認し、暴力の回避を求めるとした。(◯)

【予想問題集】

  1. 首脳宣言では、G7は、1984年の英中共同声明の存在と重要性を再確認し、中国政府を名指しして、香港への暴力を回避することを求めるとした。
     ☓ 中国政府を名指ししていない。

【都庁A本試験】

  1. ロシアについて、2014年にサミットから排除したが、2020年G7マイアミ・サミットからの復帰を呼びかけるとした。(✕)

【予想問題集】

  1. 首脳宣言では、次回2020年に開催されるG7サミットに、2013年以来参加していないロシアへの参加を呼びかけることとした。
     ☓ 首脳宣言には、そのような記述はない。

【都庁A本試験】

  1. 貿易について、世界貿易機関(WTO)の現機能を維持し、保護主義と徹底的に闘うこととした。(✕)

【予想問題集】

  1. 首脳宣言では、G7は、知的財産の保護に関する有効性を改善し、紛争をより迅速に解決し、及び不公正な貿易慣行を除去するために、WTOを徹底的に改めることを期待するとした。
     ◯ そのとおり。

【都庁A本試験】

[No.39]昨年10月に日本と米国で署名した、新しい日米貿易協定の内容等に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 米国が日本に輸出するコメについては、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で米国に認めていた無関税輸入枠を設けないこととした。(◯)

【予想問題集】

  1. 日米貿易協定では、農林水産品に係る日本側の関税について、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の範囲内に抑制し、コメも含めることとした。
     ☓ 「コメは除外する」こととなった。

【都庁A本試験】

[No.38]昨年5月に公布された食品ロスの削減の推進に関する法律(以下「食品ロス削減法」という)に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 環境省に環境大臣を会長とする食品ロス削減推進会議を設置し、食品ロス削減月間の取組を議論することとしている。(✕)

【予想問題集】

[No.36]昨年5月に成立した「食品ロスの削減の推進に関する法律」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 同法では、政府が食品ロス削減の基本方針を策定すると明記し、自治体には具体的な推進計画を作る努力義務を課すとともに、関係閣僚や有識者で構成する「食品ロス削減推進会議」を農林水産省に新設するとした。
     ☓ 「内閣府」である。

【国税専門官本試験】

  1. 英国では、2019年下半期にEUからの離脱の是非を問う国民投票と総選挙が同時に行われた。 総選挙においては、与党が議会の過半数を下回ったことから、EU離脱推進派の保守党のメイ首相は辞職し、離脱慎重派の労働党のジョンソン首相が就任した。一方、国民投票ではEU離脱への支持が過半数を占めた。(✕)

【予想問題集】

  1. 昨年7月、英国のメイ首相は、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)に関する混迷の責任をとって辞任し、同じく労働党で元ロンドン市長のジョンソン氏が後任の首相に就任した。
     ☓ 同じく「保守党」のジョンソン氏が後任の首相に就任した。

【国税専門官本試験】

  1. 2019年、リチウムイオン電池の開発により日本人がノーベル化学賞を受賞した。リチウム電池は、水素と酸素が結合するときの化学エネルギーを電気エネルギーとして取り出すものである。小型、軽量で高電圧であるため、電気自動車や潜水艦のバッテリーに使用されていたものが、携帯電話等に使用されるようになり広まった。(✕)

【予想問題集】

  1. 2019年のノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏らが開発したリチウムイオン電池は、スマートフォンやノートパソコンへの利用は進んでいるが、自動車への利用はほとんどない。
     ☓ すでにハイブリッド車や電気自動車に積極的に利用されている。

【国家一般職本試験】

  1. 現在、高大接続改革の一環として大学入学者選抜改革が進められており、2020年度から、従来の大学入試センター試験に代わり、共通第一次学力試験が実施されることとなっている。この試験では、思考力や表現力を中心に評価することとされており、国語と数学はマークシート式問題から記述式問題に移行することとなっている。(✕)

【予想問題集】

  1. 昨年12月、文部科学省は、令和3年度から大学入学共通テストの「国語」、「数学Ⅰ」及び「数学I・数学A」において記述式問題を導入すると発表した。
     ☓ 記述式問題を「導入することを見送る」と発表した。

【国家一般職本試験】

  1. 2019年、消費税率が8%から10%に引き上げられるとともに、消費税率の引上げに伴う 日々の生活への影響を緩和するため、軽減税率制度が導入された。軽減税率の対象品目は、酒類・外食を除く飲食料品や、購読契約された週2回以上発行される新聞である。消費税率の引上げによる増収分は、社会保障に充てられることとなっている。(◯)

【予想問題集】

  1. 今回の消費税率の引き上げに伴い、軽減税率制度が導入され、酒類・外食を除く飲食料品が対象となったが、定期購読される新聞は、対象から除外された。
     ☓ 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞は、軽減税率の「対象となる」。
  1. 消費税としての収入は、消費税法などによってその使途が、年金、医療及び介護の社会保障給付や少子化に対処するための施策に要する経費などに限定されている。
     ◯ そのとおり。

【都庁氷河期採用本試験】

  1. 本年3月11日、WHOは、新型コロナウイルスの感染拡大を歴史上はじめてのパンデミックと認定し、各国に感染防止対策を義務付けた。(✕)

【予想問題集】

  1. 本年3月、世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況に関して、史上初めての世界的流行(パンデミック)にあたると発表した。
     ☓ 2009年の新型インフルエンザのときもパンデミックだと発表している。

【都庁氷河期採用本試験】

  1. 本年2月11日、WHOは、新型コロナウイルスに感染することにより発症する病気の正式名称をSARS-CoV-2に決定した。(✕)

【予想問題集】

  1. 本年2月、WHOは、新型コロナウイルス感染症の名称を「SARS-CoV-2」とすることを発表した。
     ☓ WHOは、新型コロナウイルス感染症の名称を「COVID-19」とすることを発表した。なお、「SARS-CoV-2」は、国際ウイルス分類委員会が名付けた新型ウイルス自体の名称である。

【特別区経験者本試験】

【No.27】 本年1月に発効した日米貿易協定に関するA〜Dの記述のうち、妥当なものを選んだ組合せはどれか。

  1. 日米貿易協定は、農産品や工業品の関税分野における協定であるが、本協定と同日に発効予定であった日米デジタル貿易協定は発効しなかった。(✕)
  2. 日本からの輸出では、自動車や関連部品の関税撤廃は、「更に交渉」として先送りされた。(◯)

【予想問題集】

【No.48】 本年1月に発効した日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 日米貿易協定では、自動車・自動車部品、産業機械、化学品に係る米国側の関税を撤廃することとした。
     ☓ 自動車・自動車部品については、「関税の撤廃に関して更に交渉」と明記されており、関税は撤廃されていない。

【特別区経験者本試験】

  1. 米国からの輸入では、牛肉の関税は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の加盟国と同水準まで引き下げられた。(◯)

【予想問題集】

  1. 日米貿易協定では、牛肉、豚肉、小麦、乳製品に係る日本側の関税の削減・撤廃は、TPPと同内容とした。
     ◯ そのとおり。

【特別区経験者本試験】

  1. 日本が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で認めた米国産のコメの無関税枠は、日米貿易協定においても設けられた。(✕)

【予想問題集】

  1. 日米貿易協定では、農林水産品に係る日本側の関税について、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の範囲内に抑制し、コメも含める☓こととした。
     ☓ 「コメは除外する」こととなった。

【特別区経験者本試験】

  1. 英国は、本年1月、EUとの自由貿易協定(FTA)交渉を妥結させ、激変緩和のための移行期間を設けずにEUから離脱した。(✕)

【予想問題集】

  1. 本年1月、英国がEUから離脱したことにより、2月からは英国にはEU法が適用されなくなり、英国とEUの間での関税が発生するようになり、 EUの自由貿易協定(FTA)も適用されなくなった。
     ☓ 2月から12月末までは離脱後の「移行期間」に入るため、その間は、英国にはEU法が「適用されたままであり」、英国とEU間での関税は「発生せず」、EUの自由貿易協定(FTA)も「適用が継続される」

【特別区経験者本試験】

【No.25】 英国の欧州連合(EU)からの離脱に関する記述として、妥当なのは どれか。

  1. 昨年12月、ジョンソン首相率いる労働党は、EUからの離脱を最大の争点と する英下院総選挙で過半数を大きく上回る議席を獲得し、大勝を収めた。(✕)

【予想問題集】

  1. 昨年7月、英国のメイ首相は、英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)に関する混迷の責任をとって辞任し、同じく労働党で元ロンドン市長のジョンソン氏が後任の首相に就任した。
     ☓ 同じく「保守党」のジョンソン氏が後任の首相に就任した。
  2. 昨年12月に行われた英国の総選挙では、欧州連合(EU)離脱派の「保守党」が議席を伸ばしたが、スコットランド独立の是非を問う住民投票を公約に掲げた「スコットランド国民党」は議席を減らした。
     ☓ スコットランド国民党は議席を「増やした」。

【特別区経験者本試験】

  1. EUから加盟国が離脱するのは初めてであり、本年2月、加盟国は27か国となった。(◯)

【予想問題集】

  1. 本年1月、英国とEUの間で合意されたEU離脱協定を、欧州議会が圧倒的多数で承認したことにより、英国はEUから史上初めて離脱する国となった。
     ◯ そのとおり。

【特別区経験者本試験】

【No.29】 本年1月に国際地質科学連合の理事会で命名が決定されたチバニアン (千葉時代)に関するA〜Dの記述のうち、妥当なものを選んだ組合せはどれか。

  1. チバニアンとは、約77万4,000〜12万9,000年前の中期更新世の地質時代のことであり、地質時代が日本の地名に由来して命名されるのは初めてである。(◯)

【予想問題集】

  1. 本年1月、千葉県内の新生代の地層が、日本の地層として初めて国際的な基準に登録され、「イオニアン」と命名された。
     ☓ チバニアンもしくはイオニアンと命名することが国際地質科学連合国際層序委員会で検討され、「チバニアン(Chibanian、千葉時代)」に決定した。

2019年度本試験的中例はこちら


【都庁B本試験】

[No.30]昨年6月に内閣府が発表した「子供・若者白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 全国の児童相談所における児童虐待に関する相談対応件数は、一貫して増加傾向にあったが、平成28年度は、前年度より減少したとしている。
  2. スマートフォン・携帯電話の所有・利用状況として、小学生はスマートフォンの所有・利用率が減り、携帯電話の所有・利用率が増えているとしている。

【予想問題集】

[No.29]昨年6月に内閣府が発表した「子供・若者白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 全国の児童相談所における児童虐待に関する相談件数は、児童虐待防止法施行前の1999年度に比べ、2016年度には約2倍に増加しているとした。
  2. 2017年度のスマートフォン・携帯電話の所有割合は、小学生は3割、中学生は5割にとどまっているが、高校生は9割を超えているとした。

【国家一般職本試験】

  1. 2018年に民法が改正され、2022年に成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることとなった。この改正により、結婚可能年齢は男性が2歳引き下げられ、男女とも16歳となることとなり、同時に、女性のみに課していた再婚禁止期間を廃止することとなった。

【予想問題集】

  1. 成人年齢が20歳から18歳に引き下げられ、女性の婚姻年齢が18歳に引き上げられることにより、男女とも18歳になれば父母の同意なくお互いの合意さえあれば結婚できることとなった。
     ◯ そのとおり。

【特別区本試験】

[No.40]昨年6月に成立した「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)に関するA〜Dの記述のうち、妥当なものを選んだ組合せはどれか。

  1. 残業時間の上限規制とは、長時間労働を是正するため、残業時間の上限を原則として1か月について45時間及び1年について360時間とするものであり、違反した企業には罰則が科される。

【予想問題集】

  1. 残業時間の上限が規制され、違反した企業への罰則はないものの、原則として月45時間かつ年360時間が上限となった。
     ✕ 違反した企業への罰則も規定されている。

【都庁A本試験】

  1. ノーベル物理学賞は、レーザー光研究に貢献したとして、カナダ・ウォータールー大学のドナ・ストリックランド氏ら3人が受賞したが、女性が物理学賞を受賞するのは初めてとなった。

【予想問題集】

  1. 2018年のノーベル物理学賞の受賞理由は「超高出力・超短パルスレーザーの生成方法の開発」であり、ストリックランド氏が女性として史上初めて受賞した。
     ✕ ドナ・ストリックランド氏は、女性で3人目のノーベル物理学賞受賞者である(過去には、放射能を研究して1903年に受賞したマリ・キュリー氏らがいる)。

【特別区本試験】

  1. 高度プロフェッショナル制度とは、高収入の一部専門職を労働時間規制から完全に外す制度であるが、労働者保護の観点から批判があったため、その創設は盛り込まれなかった。

【予想問題集】

  1. 「残業代ゼロ制度」として多くの批判があったことから、一定の要件を満たした人材について残業時間の適用除外を認める「高度プロフェッショナル制度」は、今回の改正では見送られた。
     ✕ 「高度プロフェッショナル制度」は導入された。

【特別区本試験】

  1. 勤務間インターバル制度とは、過労死対策のため、仕事を終えてから次に働き始めるまでに、あらかじめ決めた時間を空けさせて働き手の休息を確保する制度であり、違反した企業には罰則が科される。

【予想問題集】

  1. 1日の勤務時間が終了した後、翌日の始業までに一定時間を空けて休息時間を確保することにより、実質的に労働時間を短縮させる制度が明記された。
     ◯ そのとおり。いわゆる「勤務間インターバル制度」である。

【特別区本試験】

  1. 同一労働同一賃金とは、正規と非正規の労働者の不合理な待遇差の改善を図るもので、格差が生じた場合には企業に説明する義務が課され、大企業では2020年4月から、中小企業では2021年4月からそれぞれ適用される。

【予想問題集】

  1. 正規雇用労働者と非正規雇用労働者との基本給や賞与について、合理的な待遇差として許される範囲の指標を具体的に規定した。
     ✕ 「同一労働同一賃金」をめざして、正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間の不合理な待遇差が禁止されたが、具体的な指標は規定されていない。

【特別区本試験】

  1. 昨年12月、我が国は2019年6月末にIWCを脱退し、7月から日本の領海及び排他的経済水域に限定して商業捕鯨を行うことを表明した。

【予想問題集】

  1. 昨年12月、日本は、領海と排他的経済水域での商業捕鯨の再開について各国との合意が得られたとして、国際捕鯨取締条約に加盟することを発表した。
     ✕ 国際捕鯨取締条約から「脱退する」ことを発表した。2018年9月に開かれた国際捕鯨委員会(IWC)の総会で、日本は商業捕鯨の再開を提案したが、投票で否決されたことを受けてのこと。

【特別区本試験】

[No.39]昨年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 未来投資戦略として、3歳から5歳までのすべての子どもたちの幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化し、0歳から2歳児については、住民税非課税世帯を対象に無償化を進めるとした。

【予想問題集】

[No.33]昨年6月に政府が閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2018」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 「人づくり革命」では、待機児童解消の取組として、2019年10月から、0歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化するとした。
     ✕ 無償化の対象は以下の通り。
    「3歳から5歳までの全ての子供たち」の幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化する。加えて、幼稚園、保育所、認定こども園以外については「保育の必要性があると認定された子供」を対象として無償化する。0歳から2歳児については原則有償であるが、「住民税非課税世帯」に限定して無償化を進める。

【都庁B本試験】

[No.43]昨年開催されたG20ブエノスアイレス・サミットの首脳宣言に関する記述として、正しいのはどれか。

  1. 米国と中国との貿易に関する対立があったが、前年の宣言で明記した「保護主義と闘う」との文言は引き続き盛り込まれた。

【時事問題集】

  1. 多角的貿易体制が果たしてきた貢献を認識するとともに、全ての不公正な貿易慣行を含む保護主義と引き続き闘うとした。
     ✕ 米国の反対などによって、昨年のG20首脳宣言には入っていた、保護主義と闘う旨の文言は「入らなかった」。

【都庁B本試験】

  1. 世界貿易機関(WTO)の改革は支持され、次回、ドイツで開催されるサミットで進捗を確認することになった。

【時事問題集】

  1. 次回の首脳会議は、2019年に東京で開催され、初めて日本がG20の議長国を務めることとなっている。
     ✕ 東京ではなく「大阪」で開催される。なお、初めて日本が議長国を務めるという点は正しい。

【都庁B本試験】

  1. 低所得国の債務のぜい弱性に対処し、債務の透明性と持続可能性の促進に向けて取り組むこととした。

【時事問題集】

  1. G20参加国における債務脆弱性に対処するための措置として、債務の透明性及び持続可能性の促進に向けて取り組むとした。
     ✕ 「低所得国」における債務脆弱性に対処するための措置をとるとした。中国からの借り入れが増大して、返済が困難な状況に陥る開発途上国が続出していることを念頭に置いている。

【都庁B本試験】

  1. 地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」の締約国は、協定が不可逆的であることを再確認し、米国は協定からの離脱を回避すると表明した。

【時事問題集】

  1. 気候変動に関する「パリ協定」から脱退するとの米国の決定に反対し、パリ協定の完全な実施を進めるとした。
     ✕ 首脳宣言には、「米国は、パリ協定から脱退するとの決定を改めて表明し」という客観的事実に触れているのみであり、反対はしていない。

【都庁B本試験】

[No.38]昨年11月に行われた米国の中間選挙に関する次の記述の空欄に当てはまる語句の組合せとして、妥当なのはどれか。

上院では、定数の[ A ]の議席が改選され、[ B ]党が過半数を獲得した。

下院では、定数の[ C ]の議席が改選され、[ D ]党が過半数を獲得した。

【時事問題集】

  1. 大統領選挙の中間の年に行われる中間選挙において、今回は、上院の半数の議席、下院では全議席が改選された。
     ✕ 上院の「約3分の1」が改選された。
  2. 上院と下院ともに民主党が過半数を確保したため、議会での「ねじれ」状態は解消された。
     ✕ 上院は共和党が「過半数を維持し」、下院は民主党が「過半数を奪取した」。したがって、上院と下院とで「ねじれ」状態となった。
  3. 下院では民主党が8年ぶりに過半数を奪取したが、下院議長には共和党のペンス副大統領が就任した。
     ✕ 合衆国憲法上、副大統領が就任するのは、「上院」議長である。

【都庁A本試験】

  1. ノーベル生理学・医学賞は、免疫抑制の阻害によるがん治療法の発見により、京都大学の本庶佑氏らが受賞したが、日本人が生理学・医学賞を受賞するのは5人目となった。

【予想問題集】

  1. 2018年の生理学・医学賞の受賞理由は、「成熟細胞が初期化され多能性を持つことの発見」であった。
     ✕ 受賞理由は、「免疫チェックポイント阻害因子の発見とがん治療への応用」である。問題文にある受賞理由は、山中伸弥氏が2012年にiPS細胞の研究で受賞したときのものである。
  2. 2018年は本庶佑氏らが受賞し、日本人としては、オートファジーの仕組みを解明して2016年に受賞した大隅良典氏に次いで5人目の受賞となった。
     ◯ そのとおり。その他の3人は、利根川進氏(1987年)、山中伸弥氏(2012年)、大村智氏(2015年)(カッコ内は受賞年)。

【都庁A本試験】

[No.37]昨年6月に政府が閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2018(骨太の方針)」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 最重要課題である待機児童問題の解消を優先するため、3〜5歳の幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化するなど、幼児教育の無償化については明記しなかった。

【予想問題集】

[No.33]昨年6月に政府が閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2018」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 「人づくり革命」では、待機児童解消の取組として、2019年10月から、0歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化するとした。
     ✕ 無償化の対象は以下の通り。
    「3歳から5歳までの全ての子供たち」の幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化する。加えて、幼稚園、保育所、認定こども園以外については「保育の必要性があると認定された子供」を対象として無償化する。0歳から2歳児については原則有償であるが、「住民税非課税世帯」に限定して無償化を進める。

【都庁A本試験】

[No.39]昨年8月に内閣府が発表した平成30年度版の「経済財政白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 日本では2010年11月を底に緩やかな景気回復が続いており、戦後3番目の長さとなったとしている。

【予想問題集】

[No.64]昨年8月に内閣府が発表した「経済財政白書」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 日本経済は2012年11月を底に緩やかに回復しており、今回の景気回復は戦後最長となった可能性があるとした。
     ✕ 戦後最長の景気回復は、「第14循環(2002年2月-2008年2月の73か月)」である。なお、今回の景気回復は、白書公表時点で「いざなぎ景気(1965年11月-1970年7月の57か月)」を抜いて戦後2番目の長さとなった可能性がある。

【都庁A本試験】

[No.38]昨年7月に公布された「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」のうち、労働基準法の改正に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 時間外労働の上限について、1か月について45時間、1年について360時間とし、臨時的な事情がある場合でも例外は認められないとした。

【予想問題集】

  1. 残業時間の上限が規制され、違反した企業への罰則はないものの、原則として月45時間かつ年360時間が上限となった。
     ✕ 違反した企業への罰則も規定されている。

【都庁A本試験】

  1. 使用者は、原則として10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、5日について、毎年、時季を指定して与えなければならないとした。

【予想問題集】

  1. 年10日以上の有給休暇が付与されている従業員については、すべての有給休暇を取得させなければならないとされた。
     ✕ 「年5日」の有給休暇を取得させなければならないとされた。

【都庁A本試験】

  1. 日本経済は実際のGDPの成長率を上回る高い潜在成長率となっており、実際のGDPと潜在GDPとの差に当たるGDPギャップは一貫してマイナスであるとしている。

【予想問題集】

  1. 今回の景気回復局面において、GDPギャップは、消費税率引上げ時などに変動したものの、総じてプラスで推移してきたが、2017年以降においてはマイナスに転じたとした。
     ✕ 記述が逆。GDPギャップは、総じて「マイナス」で推移してきたが、2017年以降においては「プラス」に転じた。

【国家一般職本試験】

  1. 民法の改正後も対象年齢を20歳以上に維持するものとして、飲酒可能年齢や帰化の年齢要件などがある。少年法については、2018年に法制審議会から答申が出されて、有期刑の年数の上限を引き下げる一方、検察官が少年審判に立ち会える対象を強盗や窃盗まで拡大するなどの措置を採ることで、少年法の対象を20歳未満に維持することとなった。

【予想問題集】

  1. 成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることに伴って、少年法の適用年齢も18歳未満に変更された。
     ✕ 少年法は変更されていない。法務省の法制審議会で検討中である。
  1. 成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることにより、18歳になれば飲酒や喫煙も認められることとなった。
     ✕ 飲酒と喫煙に関する年齢制限を規定しているのは民法ではないため、今回の民法改正では、飲酒や喫煙の年齢引下げにはならない。

【国家一般職本試験】

  1. 2018年夏、地球と火星が大接近した。火星の公転周期は地球より短く、二つの惑星は1年のうちに何度か接近するが、火星の軌道は楕円軌道であるため接近した際の距離がその都度異なる。今回の大接近では、満月に匹敵する明るい火星が観察された。

【予想問題集】

  1. 昨年7月、国立天文台は、火星と地球との距離が約15年ぶりに1億キロメートルを超えるまでに離れたと発表した。
     ✕ 火星と地球との距離は「近づいた」。2018年7月31日には、火星との距離が5759万キロメートルまで近づいた。

【国家一般職本試験】

  1. 我が国では、2018年、労働基準法が改正され、年次有給休暇の計画的付与制度が創設された。 これは、労働者が主体的・計画的に連休の計画を立てられるよう、企業が休暇取得日を指定して割り振ることや、時間単位で休暇を取得させることを禁じるものである。違反した場合、企業には罰金が課せられる。また、年10日以上の年次有給休暇が付与されている労働者については、年5日以上の休暇取得が努力義務として課されることとなった。

【予想問題集】

  1. 年10日以上の有給休暇が付与されている従業員については、すべての有給休暇を取得させなければならないとされた。
     ✕ 「年5日」の有給休暇を取得させなければならないとされた。

【国家一般職本試験】

  1. 2018年、働き方改革関連法が成立し、1か月間の残業時間の上限が原則100時間とされるとともに、勤務間インターバル制度が新設された。同制度は、残業時間が100時間を超えた月の翌月に適用される緊急措置として終業時刻から始業時刻までの間に一定時間の休息を設けるものであり、その適用が常態化することを防止するための措置を講ずることが義務付けられた。

【予想問題集】

  1. 残業時間の上限が規制され、違反した企業への罰則はないものの、原則として月45時間かつ年360時間が上限となった。
     ✕ 違反した企業への罰則も規定されている。
  1. 1日の勤務時間が終了した後、翌日の始業までに一定時間を空けて休息時間を確保することにより、実質的に労働時間を短縮させる制度が明記された。
     ◯ そのとおり。いわゆる「勤務間インターバル制度」である。

【国家総合職本試験】

  1. 2018年、「特定複合観光施設区域整備法」が成立し、カジノが国内で解禁されることとなった。同法は、滞在型観光の実現の観点から、カジノの認定区域数や延床面積を無制限とする一方、ギャンブル依存症を防止する観点から、全ての入場者に入場回数の制限や入場料を課すこととしている。また、同法の成立を受け、「ギャンブル等依存症対策基本法案」が審議されたが、2018 年の通常国会では成立せず、継続審議となった。

【予想問題集】

昨年6月に成立した「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法)」に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 特定複合観光施設の入場料は、日本人は原則無料とされたが、在留資格のない外国人は一律に6千円と定められた。
     ✕ ギャンブル依存症対策などのため、日本人(日本在住の外国人を含む)の入場料を6千円に定めた。
  2. カジノ施設の延床面積は特定複合観光施設全体の20%以下に制限し、入場回数は「7日間に3回かつ28日間で10回」に限定された。
     ✕ 延べ床面積は「3%以下」に制限された。

【国家総合職本試験】

  1. 社会の高齢化の進展、相続開始時における配偶者の年齢の相対的な高齢化等を踏まえ、2018年、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」が成立・施行された。被相続人の配偶者は、従来、相続開始時に被相続人の居住建物に住んでいなければ、第三者に対して当該建物の居住権を主張できなかったが、同法の施行後は、相続開始時に被相続人の居住建物に住んでいなくても、自己の死亡時まで当該建物を無償で使用することができるようになった。

【予想問題集】

  1. 配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物について、終身または一定期間、その配偶者が使用できる権利が除外された。
     ✕ 同権利(配偶者居住権)が「新設」され、自宅を相続できない配偶者でもそのまま住み続けることができるとされた。

【国家総合職本試験】

  1. 自然遺産は、自然の記念物で、鑑賞上若しくは科学上顕著な普遍的価値を有するもの、又は、自然の区域で、科学上、保存上若しくは自然の美観上顕著な普遍的価値を有するものと世界遺産条約で定義されている。我が国の世界自然遺産には、平成23年に登録された東京都の小笠原諸島や岩手県の平泉、平成25年に登録された山梨県・静岡県の富士山があるほか、平成29年には新たに、福岡県の沖ノ島が登録された。

【予想問題集】

  1. 日本国内の世界文化遺産としては、2017年に登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群に続いてちょうど10件目となった。
     ✕ 今回の登録を含めて日本国内の世界文化遺産は18件。なおそのほか世界自然遺産が4件ある。

【国家総合職本試験】

  1. 世界保健機関と国際オリンピック委員会は、たばこのないオリンピックを共同で推進することについて合意している。我が国では、2018年に「健康増進法の一部を改正する法律」が成立し、望まない受動喫煙の防止を図るため、多数の者が利用する施設等の類型に応じ、一定の場所以外の場所における喫煙を禁止することや、違反した場合の罰則が定められた。同法は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会までに段階的に施行されることとなっている。

【予想問題集】

昨年7月に成立した「健康増進法」の改正に関する記述として、妥当なのはどれか。

  1. 飲食店など多数の者が利用する施設については、原則としてその施設の敷地内での喫煙が禁止されるとした。
     ✕ 原則として「屋内」での喫煙が禁止されるとした。なお、学校・病院・児童福祉施設や行政機関においては、原則として「敷地内」での喫煙が禁止される。
  2. 施設管理者は、喫煙禁止場所に、喫煙器具・設備(灰皿等)を設置してはならず、都道府県知事の勧告・命令に従わないものには罰金が科せられる場合がある。
     ◯ そのとおり。

究極の時事攻略ツール

他の科目と異なり、時事対策では過去問が使えないため、実践演習が圧倒的に不足がちです。また、模試だけでは出題範囲をカバーできません。さらに、市販の時事対策本は論点を羅列しているだけで、読んでも記憶に定着しにくく得点に結びつきにくいのが実情です。それらの問題を一気に解決するため、「究極の時事攻略ツール」として作られたのがこの問題集です。発売以来、各種公務員試験で的中問題が続出した実績により、他の追随を許さない抜群の高評価を頂いています。

年明けからの最新時事(感染症関連含む)を完全網羅!

国内・海外の政治経済ニュースや国際会議、新立法・法改正、最高裁判決、白書、さらに科学文化芸術スポーツ分野にいたるまで、出題範囲から厳選した論点だけを凝縮して収録しました。また、『速攻の時事』など市販の対策本にはほとんど掲載されていない、年明けからの最新時事までを完全網羅しています。さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、流動的な時事が飛躍的に増加しており、その対策が不可欠です。

「本試験そっくり」の問題で演習&実力確認も万全!

掲載している予想問題は、本試験の問題形式や雰囲気、選択肢のニュアンスを忠実に再現し「本試験そっくり」に作られています。したがって、問題を解くだけで、出題確率の高い論点とそのポイントの解答テクニックを、自然にかつ確実にマスターすることができます。
また、他の時事対策本でインプットした知識の実力チェックとして利用するのも非常に効果的です。

わずか3時間で完成!スマホ学習も簡単に!

本問題集は、学習効率を極限まで追求した、全く新しいスタイルになっています。解説ページに問題文を再掲載し、復習時にいちいち問題ページを参照しなくても、解説ページだけで学習が完結するようにしました。直前期で時事に割ける時間がない場合、解説ページの復習だけならわずか1時間強で完了します。さらに解説ページの問題文には、誤っている箇所に✕印が付いており、それをどう直せば正しくなるかをその下に赤字で表記してあります。誤りと正しい知識の対応関係がひと目でわかり、✕印と赤字を意識して読むだけで一気に復習することができます。プリントアウトしての演習だけでなく、スマートフォンでスクロールしながらスピーディーに解答・復習することができますので、試験当日の朝、全問一気に見直すことさえ可能です。

合格された方から喜びの声をいただきました

「時事買いました。 本番で満点がとれたので、感謝の気持ちでいっぱいです! ありがとうございました!」「時事を必勝倶楽部に頼っていなかったら3点落とすところでした。ありがとうございました!」「初めまして、今日都庁Ⅰ類Bを受けました。 必勝倶楽部さんの時事オリジナル問題集を使っていました。とっても役に立ちました、ありがとうございます」「いい! これをやってなかったら、確実に基準点に届いていませんでした。感謝です」「時事問題集をやってたおかげで、特別区で得点が伸びました!ありがとうございました!」「購入した時事問題集で複数の出題があったので得点につなげることができました。本当にありがとうございました」

黒田講師ブログ「過去問が使えない科目の問題演習」


サンプル問題はこちら

予想問題掲載リスト【全80問】

予想問題掲載リスト【全80問】

<上>
1 APEC
2 G20サミット
3 日ASEAN首脳会議
4 欧州諸国選挙
5 欧州情勢
6 欧州情勢
7 欧州連合(EU)
8 米国情勢
9 米国大統領選挙
10 米国大統領の政策
11 米中関係
12 中国情勢
13 アジア情勢
14 アジア情勢
15 アジア諸国・地域
16 アジア太平洋諸国
17 中東情勢
18 国際紛争
19 国際政治
20 国際組織・国際会議
21 国際情勢
22 国際情勢
23 日米貿易協定
24 日米デジタル貿易協定
25 日英EPA
26 日英EPA
27 RCEP協定
28 少子化社会対策大綱
29 経済財政運営
30 規制改革
31 総合経済対策
32 全世代型社会保障改革
33 デジタル改革
34 デジタル・ガバメント
35 男女共同参画
36 税制改正大綱
37 経済財政白書
38 厚生労働白書
39 白書総合
40 白書総合
<下>
41 消費行動
42 科学技術
43 国内経済・財政
44 金融情勢
45 国内経済
46 成長戦略会議
47 健康・福祉
48 健康・福祉
49 福祉全般
50 マイナンバー関連
51 国内の交通
52 国内政治
53 国内の出来事
54 国内情勢
55 国内情勢
56 新型コロナ関連
57 新型コロナ関連
58 新型コロナ関連
59 新型コロナ関連
60 国内の労働
61 労働・雇用
62 厚生労働問題
63 教育
64 国内外の文化
65 教育・文化・スポーツ
66 文化・芸術・スポーツ
67 環境問題
68 環境問題
69 環境問題
70 環境問題
71 環境問題
72 宇宙開発
73 国内外の医療
74 国内外の科学情勢
75 観光関連
76 法改正
77 法改正
78 法改正
79 法改正
80 最高裁判例

時事オリジナル完全予想問題集2021

※本問題集は、プリントアウト可能なPDFデータ形式でのご提供となります。もちろん、スマートフォンなどのデジタル・デバイスでもご覧いただけます。
※少しでも早くお客様にお届けするため、お支払い方法にかかわらず、ご注文いただいた時点ですぐにPDFのダウンロードサイトをご案内します。
※PDFのダウンロードサイトは、ご注文後のページやご注文後にお送りするメールに記載しております。
※お支払には、クレジットカードのほかコンビニ決済、銀行振込がご利用いただけます。コンビニ決済・銀行振込の場合、お支払いは後日で構いません。
※<上>と<下>の内容に重複はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pagetop